マンション工事は大切!長持ちさせるために専門業者に依頼して修繕を

サイトマップ

室内と作業員

マンション工事は電気系統の絶縁測定も行おう!

作業着の女性

マンションの修繕工事は外観に現れるものだけと考えていませんか?一般的に目立つのがコンクリートのひび割れなどであり、大規模な修繕工事が必要になります。しかし、外観では分かり難い修繕工事も必要であり、各種配管の修繕が知られています。しかし、電気系統の修繕を疎かにしていませんか?電気系統の修繕不足により、大規模火災に繋がる可能性もあり、専門業者に依頼して電気系統すなわち電気配線の絶縁測定を行って貰いましょう。
各種配管の破損や劣化は水漏れなどで発覚するものの、電気配線の不具合はある日突然発生し、ショートや漏電による停電は目には見えるものの、古い配線が発熱そして発火するといった問題は見過ごしてしまいます。しかし、専門業者へ依頼して配線の絶縁抵抗を測定することで劣化状態だけでなく、漏電や発火を未然に防ぐことができます。
マンションの場合、複数の配線が並んで敷設されているため、1本の配線に問題があるだけで重大事故に繋がります。また、配線の再敷設には手間や時間を要するため、大規模修繕工事を行う際には同時工事を行うことで負担や費用軽減に繋がります。
また、マンションの各ポイントで絶縁測定を行っておくことで、すべての配線を測定する必要もなく、予防保全効果を得られます。まずは、マンション修繕工事の際には必ず電気系統もチェックしておきましょう。

ピックアップ

最新の記事

TOP