マンション工事は大切!長持ちさせるために専門業者に依頼して修繕を

サイトマップ

室内と作業員

マンション工事は各部屋のベランダに注意して修繕しよう!

青空とマンション

コンクリートのひび割れや配管や電気ケーブルの老朽化はマンションに致命的なダメージを与えることになります。しかし、目につくのは外観や共用部の劣化であり、各部屋やベランダの老朽化が見逃されることがあります。そして、特に注意したいのがマンションのベランダであり、コンクリートの劣化は各部屋ごとに大きな違いが生じることもあります。
ベランダは住人のプライベート空間となるため、ガーデニングやベランダ菜園として使用されることがあります。そのため、修繕工事を行う際には、管理組合などはこれらの用途にベランダを使用していないかの注意も必要になります。ガーデニングやベランダ菜園の場合、水だけでなく肥料を使用しています。
肥料にはコンクリートや鉄筋を腐食する成分を含んでいることもあり、著しく鉄筋コンクリート構造にダメージを与えていることもあります。そこで、マンションの修繕工事を行う際には専門業者へ依頼して、コンクリート表面だけでなく、コンクリート内に浸透した成分分析を依頼するのも重要になります。
さらに、修繕工事の際には将来的なダメージを軽減するため、防水工事を施すのがおすすめです。最近では、コンクリート内に防水シートを埋設するのではなく、表面に防水塗装を行うことで劣化防止を行うことが可能です。まずは、共用部だけでなく、ベランダにも注目し、各部屋の調査と対策を行いましょう。

ピックアップ

最新の記事

TOP